少額融資ならキャッシング利用に有利!

あと少しだけお金が足りない

 

キャッシング利用を検討する人の中には、

 

数万円だけ借りたい
あと少しだけお金が足りない

 

といったように、少額融資(10万円以下)を求めている人も多いでしょう。

 

しかし少額といってもいくらから融資を受けられるのか?少額になると金利も高くなるのか?気になりますよね。

 

実は少額のキャッシング利用は、審査や即日融資にも柔軟!

 

そこで今回は、少額融資を成功させる方法や少額融資向きのカードローンなど、徹底的に解説していきましょう。

 

これからカードローン利用を考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

そもそも少額融資ってどれくらい?いくからから借りれるの?

 

少額融資と一口に言っても、具体的にはいくら程度のことを指すのか気になりますよね。

 

まず多くのカードローン会社では1万円から融資可能。

 

しかし「少額」と言われる基準に、明確なものはありません。そのため「幅広い人が無理なく借りられる金額」と捉えてみるといいでしょう。

 

高所得者や低所得者関係なく、借りれる範囲の金額が「少額」と言えるおおまかな基準です。

 

具体的な数字としては、数万円〜万10万円程度だと考えておきましょう。

 

少額融資は審査に通りやすい?その真相を解説

 

カードローンの申込みには、必ず審査があります。

 

そこで希望融資額を少額に設定することで、審査も比較的通りやすくなる傾向にあります。

 

しかし、これはあくまでも可能性が高くなるだけなので、必ずしも審査に通過するわけではないので注意しましょう。

 

では、どうして審査通過の可能性が高くなるのか?その理由を見ていきます。

 

少額融資のメリットはカードローン審査の仕組みにある!

 

まずはカードローン審査はどのように行われているのか?その仕組みを簡単に説明していきましょう。

 

カードローン審査では、申込者の返済能力を判断します。

 

その判断する基準として、スコアリングという方法を使用して、返済能力があるか?信用できるか?点数化していくのです。

 

スコアリングで点数化される項目は、

 

  • 個人情報
  • 住居状況
  • 年収・職業・勤続年数
  • 他社ローンの履歴

 

など、あらゆる情報から判断をしていきます。

 

またこの時に信用情報を開示して、過去に金融事故がないかどうか?もチェックしていきます。

 

このスコアリングの点数が高ければ、融資限度額も引き上げられます。

 

しかし初回利用の場合は、まだそのカードローン会社での利用履歴がないため、信用が薄い状態です。

 

したがって限度額も低めに設定されるケースが多いでしょう。

 

そこで希望融資額を少額にすることで、スコアリングの点数化によるハードルも多少下がります。

 

高額融資になるほど難易度もあがるので、少額融資のほうが借りやすくなります。

 

限度額と借入額は別物!

 

カードローン会社で融資を受ける際に、必ず限度額が設定されます。

 

仮に借入希望額が1万円だったとしても、限度額は10万円〜という設定をされるケースがほとんです。

 

限度額はあくまでも「この金額までなら自由にお金が借りられる」といった決まりです。

 

そのため必ずしも限度額ギリギリまでお金を借りる必要はありません。必要な分だけお金を借りることで、無駄な返済も減らせます。

 

使いすぎに注意!心配な人は限度額を下げることも可能

 

当初は5万円まで借りるつもりのはずが、限度額が30万円に設定されたとします。

 

すると残り25万円までは自由に借入可能なので、必要以上にお金を借りてしまうリスクもあるでしょう。

 

その場合には、カードローン会社へ直々に限度額を下げてもらうことも。

 

もしも使い過ぎてしまうのが怖い…という不安がある人は、カードローン会社で限度額をあらかじめ低く設定してもらいましょう。

 

少額融資なら即日融資にも強い

 

少額融資のもう一つのメリットは、即日融資に強いこと。

 

即日融資を叶えるための絶対条件としては、審査時間をなるべく短縮させることです。

 

多くの大手カードローン会社では、最短30分審査をうたっている場所も多いです。

 

しかし高額融資になると、前述したように審査のハードルも高くなるので、その分審査時間も伸びてしまいます。

 

そこで少額を希望することにより、より審査を早めるポイントになるのです。

 

少額融資のカードローンを選ぶなら消費者金融系がおすすめ!

消費者金融系が少額融資向け

 

実際に少額融資でカードローンを選ぶなら、消費者金融系のカードローンを選びましょう。

 

銀行カードローンの場合でも少額融資可能ですが、消費者金融系に比べて審査のハードルが高くなります。

 

消費者金融系の場合は申込者の窓口も広く、スピード融資にも柔軟!

 

また2018年から銀行カードローンで即日融資ができなくなりました。そのため「いますぐお金が必要!」という事態に対応できないのです。

 

そのため少額での利用であれば、消費者金融系カードローンがおすすめと言えるでしょう。

 

比較サイトを参考に選んでみては?

銀行系カードローンと消費者金融系カードローンを3つのポイントで比較

  • 金利
  • サービス
  • 利用限度額

銀行系カードローンと消費者金融系カードローン比較

 

少額の融資に即日対応できるカードローン会社

 

実際に、少額を即日融資できるカードローン会社を表で確認していきましょう。

 

項目名1 最低借入額
アコム 1万円〜
プロミス 1,000円〜
SMBCモビット 1万円〜
アイフル 1,000円〜

 

どのカードローン会社も最短30分審査をかなえるスピーディーな融資を実現しています。

 

また借入希望額も1,000円〜1万円と、少額融資に対応可能!

 

少額融資ならではのメリットをしっかりと抑えたハイスペックカードローン会社と言えるでしょう。

 

少額融資はメリットだけじゃない?金利が高くなることもある

 

審査のハードルも下がり、即日融資にも対応できる少額融資。

 

カードローン利用に関してメリットが多い一方で、考えられるデメリットもあります。それは金利の問題です。

 

基本的に少額融資の場合、限度額が低く設定されます。

 

しかし限度額は高くなれば高くなるほど金利が低くなるケースが多いです。そのため少額融資になると、金利が高く設定される傾向に。

 

まずは限度額ごとの金利設定をアコムを例にして見ていきましょう。

 

501万〜800万円 3.0%〜4.7%
301万〜500万円 4.7%〜7.7%
100万〜300万円 7.7%〜15.0%
1万〜99万円 7.7%〜18.0%

 

このように限度額が100万円以内の場合では、基本的に上限金利に設定されるケースが多いです。

 

消費者金融系のカードローンの上限金利は、多くの会社で18.0%と設定しています。

 

少額融資の唯一のデメリットとして、金利が高くなってしまう可能性もしっかり把握しておくことが大切ですね。

 

金利負担を減らすには無利息サービスも検討してみる!

 

カードローン会社の中には、利用者の利便性を重視して、さまざまなサービスを導入しています。

 

中でもとくに注目したいのが無利息サービスです。

 

この無利息サービスを適用すれば、高金利でも返済時の負担を減らすことができます。

 

無利息期間を設けている代表的なカードローン会社は、

 

  • アイフル
  • プロミス
  • アコム

 

といった3社になります。

 

サービス期間中に返済をしれば利息0円で借入できるので、便利ですね。

 

また少額融資となれば返済も時間がかからないので、この無利息サービスを利用しない手はないでしょう。

 

少額融資のカードローンがおすすめな人

 

どんな人が少額融資に向いているのか?ここからは、その特徴を解説していきましょう。

 

少額融資に強いカードローンがおすすめなのは、

 

  1. パート・アルバイト
  2. 派遣社員や新入社員
  3. 他社借入が多い

 

といった上記3種類の特徴をもった人。

 

どうしてこれらのタイプは少額融資向きなのか?下記で詳しく解説していきましょう。

 

パート・アルバイト

 

パートやアルバイトの場合、正社員に比べると年収が低い傾向にあります。

 

するとカードローンで審査落ちになる?と心配になる人もいますよね。

 

しかし少額であれば審査のハードルも下がるので、比較的利用しやすくなるでしょう。

 

またカードローン利用は基本的に、総量規制が決められています。これは年収の3分1までしか借入できないという法律です。

 

そこで少額であれば、年収の低いパート・アルバイト・学生、でも利用しやすくなりますね。

 

派遣社員や新入社員

 

派遣社員や新入社員の場合、勤続年数が短いことがネックになります。

 

カードローンの審査では勤続年数も大事な基準になるので、派遣社員や新入社員となると不利になってしまうことも。

 

しかし少額融資であればスコアリングの点数が低くても借入できるので、比較的利用しやすくなるでしょう。

 

高額融資は難しくなりますが、1万円〜10万円程度であれば、問題ないでしょう。

 

他社借入が多い

 

さきほど説明の通り、カードローン利用には総量規制を越える融資ができません。

 

この総量規制は他社借入額も含まれるため、他のカードローン会社で既にお金を借りている場合は、その額を含めた合計で融資が設定されます。

 

また銀行系カードローンの場合は総量規制がありませんが、他社借入が多いと限度額を下げられます。

 

どちらにせよ高額融資ができない可能性が高いので、こうした人は少額融資が向いているでしょう。